ValoreLog

幸せの瞬間

Valoreスタッフの小林です。

ついに10月に入りましたね。
美瑛もどんどん寒さが増してきて、長い冬が近づいてくるのを肌で感じています。
目の前の十勝岳もだんだんと白くなっていき、なんと早くも雪虫が飛び初めて
今年の初雪はいつなのかと気になっている毎日です。

そして、今年も残すところ3ヶ月をきりましたね。
毎年思うことですが、本当に1年があっという間に過ぎていってしまいます。
残りの数ヵ月、今年やり残したことをやって充実した時間を送りたいところです。

さて先日、当店で少人数のウェディングが行われました。
そして今回、ウェディングの目玉であるケーキに
少しですが携わらせていただく機会をいただきました。

『美瑛の秋を感じるケーキ』をテーマに。

私なりに試行錯誤をして色々なパーツを作ったり、
秋らしい果物を手配したりと、今までより多く係わることが出来ました。

そして、シェフの手によって仕上げられて、リクエスト通りに
秋らしいとても素敵なケーキが完成したのです。

新郎新婦のお二人にも喜んでいただくことができて、
私もとても幸せな気持ちに!

お二人の大切な瞬間に少しでも携わることができ、本当に嬉しく思いました。

これからもドルチェを通して、お客様に心から喜んでいただけるような
お皿を提供できるように頑張りたいと思います。


d0109042_19495455.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-10-06 21:37

秋本番!

ご無沙汰しております。
バローレスタッフの小林です。

最近の美瑛の天候は、台風が過ぎ去り穏やかになるのかと思いきや、
大雨や雷など警報が出て台風の時よりひどい天気が数日続きました。

ある日のまかないの時、いつもと変わらず食事をしているとシャッターカメラで
撮影された時のような光が窓越しから光りました。
なにかと思った瞬間、外で雷がものすごい音で鳴りました。

きっと直ぐ近くに落ちたに違いないと思っていたら、後日マダムから
お店の傍の玉ねぎ畑に落ちて何とそこのたまねぎは丸焦げになってしまったと聞きました。

驚きとともに、雷の恐怖感を改めて感じた瞬間でした。

さて、話は変わりこの前のお休みにまた研修先の方に伺わせていただきました。
そう、いつもの牧場です^^

牛舎に行くと、山積みの沢山の南瓜が。。。

『なぜ牛舎に南瓜?』

と頭が???になりましたが、

お話しを伺うと、なんでも近隣の農家さんに毎年頂いており、
この季節になると南瓜を牛にあげているそうです。

ビタミンBが豊富な南瓜は、牛にも適量あげると良いのだそう。
食物繊維が豊富な食材でもあるので、人間にとっては便通がよくなったりする
効果がありますが、牛には大量にあげると体に負担がかかってしまうため、
その量にも気を付けているそうです。

そういう些細なことにまで気を配っているんだと感心しました。

d0109042_17372786.jpg



そして、只今出させていただいてる旬のフルーツを今回も紹介させていただきたいと思います。
それは、北海道産の2種類のブドウ!!

淡い緑のシャインマスカットと濃い黒皮のピオーネ。
どちらもあまりお目にかかれない程の立派なサイズでやってきます!

ですが皮が非常に薄く、そのまま食べることができるのが特徴です。
とても絶妙な甘味が口の中いっぱいに広がります。

そしてお店のガーデンにも毎年できる天然の山葡萄。
今年もとても沢山の実がなっており、小さい実の中に
酸味と甘味が凝縮していてとても美味しいのです!

ソースなど様々な仕立て方にして料理などにも登場しておりますよ。

提供させていただいているぶどうは旬のフルーツのため、
短い期間ではありますがぜひ食べにいらしてください。

ご来店お待ちしております。
d0109042_17382590.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-09-25 17:44

Another face

こんにちは、かなりご無沙汰してしまいました、
Valore staffの荒木です。

季節は秋に、お庭も少しずつ秋の装いに変わってきています。
マダムが手掛けているお花たちも、夏のお花から色も秋色に・・・。

この時期定番の胡桃も落ちてきていますね^^


さて、先日のランチオープン直前の話しです。

準備も整い、あとはお客様を迎えるのみ。
どのお客様がいらっしゃるかな~なんて待っていた時です。

シェフが突然っ
厨房からホールに飛び出しました。

「なにあれ?!えっ!(゜o゜)」

何かやばいものでも見つけたような感じで窓に一目散。

シェフの思わぬ行動に、私もなんだなんだ??と。

すると・・・

お庭に何やら大きい物体が・・・

虫?蛾?はたまた小さい鳥?!

中からでは確認できず、お花のあたりをうろちょろしていたので、
そっと玄関から外に向いました。

そして、いたのがこれ。

d0109042_1713129.jpg


「カラスアゲハだ!!」

シェフはまるで少年のような表情(^^)
「すっげー!」とオープン5分前にもかかわらず、見ていました。
仕事を忘れて子供に返ったような一瞬の出来事でした。


そしてもう一つ!

これまたランチオープン1時間前の話ですが・・・

バローレの庭へ収穫に外へ出たときのことです。
数分前に山葡萄の木にリスがいたと聞き、
ちょっと見てみよーと思い行ってみたところ・・・

なんだか騒がしいリスの鳴き声。

・・・ん?

・・・えっ?!

なっなんと!沢山のリスが!!!
とにかくこれはみんなに知らせなければ!と静かに後をさり、厨房へ戻り。

「リスが何か!いっぱいいます!!!!!」

カメラを持ってみんなでそっと戻ると、なんと赤ちゃんリスが^^
めっちゃいるではないですかー!!!

d0109042_174164.jpg


もうカワイイのなんのって大興奮の私たち。

でも、リスはもちろんカワイイのですが、なんと言っても、
この赤ちゃんリスたちを見つけたときの、
マダムのめちゃめちゃ嬉しそうな顔がもうカワイイすぎて(*^_^*)!!

そしてこのとき赤ちゃんリス達はみんなでちょろちょろ走り回って、
ついにはマダムの足に次々と飛びつく始末。。。

d0109042_1761355.jpg


まだ右も左も怖いものもわからない赤ちゃんリスですね(*^^)

もしかしたら皆様もバローレ庭で見れるかも♪

いつもは真剣な表情で仕事に取り組んでいるシェフとマダムですが、
この時ばかりは少年少女に返ったときのような、
二人のあどけない笑顔を見ることができましたー(^o^)/

d0109042_178012.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-09-06 17:08

『桃?!』

ご無沙汰しております。
バローレスタッフの小林です。

8月もあっという間に終わり、ついに9月に突入しました。
朝晩は10℃台になる日が増え、長袖が手放せない時期になってきてしまいました。
本当に一瞬で夏季が終わってしまったように感じます。
暑い日差しが恋しい気持ちも少しありますが、これからやってくる秋もとても楽しみです。

キノコに秋刀魚、南瓜、栗、梨などなど美味しい食べ物が沢山でてきますね。笑

さて今回も、現在ドルチェで使わせていただいているフルーツを紹介したいと思います。
その名も『ワッサー』 。

皆さん、この名前聞いたことありますでしょうか?

栽培にとことんこだわりを持っている長野県の生産者さんから直送していただいているもので、
なかなか北海道では召し上がることのできないフルーツだと思います。

この果物は、白桃とネクタリンを混合し品種改良されて作られたものだそうです。
見た目は桃と同じくらいの大きさですが、少し赤みがかかっています。

甘味は少し控えめですが酸味が効いていて、バランスがとても素敵なフルーツだと感じます。
切ってみると、果肉は黄色で身が引き締まっていてとても噛みごたえがある、
独特の食感があるのが特徴です。

そんなワッサーを只今、おまかせコースのドルチェにてその食感が活きる仕立て方で
提供させていただいております!


旬の果物はあっという間に終わってしまいます。
この機会に是非一度味わっていただきたいと思います!



d0109042_212535.jpg



(左:白桃  右:ワッサー)


希少なフルーツを毎年使わせていただけることに感謝し、
心を込めて盛り付けをしていています。


ご来店心よりお待ちしております。
[PR]

# by valore-saida | 2017-09-01 21:02

好奇心

Mrs. Saidaです。

かなり開いてしまいましたが・・・
すっかりここ美瑛の空は秋模様になってきました。

相変わらず時間を駆使しては、頭をリセットする為ランニングに出るようにしています。
そうすると畑や花、空の色、虫や鳥たちの様々な変化が良く分かります。

d0109042_21433592.jpg


私の背の高さをとっくに超えているとうきび、
意外といつまでも埋まっているビート、

そして晩秋にお目見えするゆり根・・・
この子は春から結構長い間手を掛けられている事に気づく。

それから走っている途中でイケてる雑草や花を見つけては目星を付け
下りのコースで抜いて帰ってくる。

意外に路肩に咲いている変哲のない物も花瓶に生けてあげると素敵なレディーに変貌したりする。

今はイケてない物、それを見つめながら想像するとなんかウキウキします。
きっとこれは使い方、場所、持つ人によって変身をするのではないでしょうか。

一番わかりやすいことで言うと“女性”

高価な装飾品ではなく、手作りのアクセサリーをさりげなく着けていたり。

着る物でも、高級なブランドものではなく、
例えばワゴンの中から掘り出したものを上手に着こなしている。

自分に合った色、デザインを知っている。

シェフもきっと同じなのかも。
誰もが知っているありふれた野菜から、初めてみる新たな素材まで。
日々扱う守備範囲はかなり広いはず。

例えば使い慣れた野菜の切り方や茹で方を変えてみる。
へんてこな魚を見つめ想像し、身質によって味の引き出し方を変えてみる。

たとえまかないでも、沢山の野菜や肉の切れ端でどうしたら美味しく綺麗に見えるかを想像する。

セッティングや皿のしつらえも、季節、気温、何を置き、どう向きを変えるか微妙なずれで変化がおきる。

一つの物にはいくつもの意味があり、変化をもたらす可能性を秘めているのだと思う。
それがその辺に転がっている石であっても。

ちなみに、うちの息子の好奇心旺盛な姿・・・
想いのまま自由に発想し、気のむくままに没頭していることが多々ある。

大人が気づけない沢山の変化や、意味を知っているのかもしれない。

だから息子が外で何かをしている時はたまに私も一緒にその行動を追ってみる。
すると、小さな発見があり、好奇心のその先にある可能性を学び知れる瞬間がそこにはある。


d0109042_21454572.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-08-28 21:45