ValoreLog

ワカレヅキ

3月は別れの月。

卒業、進学、就職、転勤。。。
様々な事情でこの住み慣れた場所を離れていく人達。

それは、当店のお客様も例外ではなく。

毎年のことながらこの時期は、寂しさの募る季節。

お食事を終えお帰りになる際、
「実は今度○○へ行くことになりまして・・・」と
お伝えされてしまう。

えっ・・・あんなに足繁く通って下さったのに。。。

毎回来店の際には、そのお客様の喜ぶ顔を思い浮かべ、
過去のメニューを眺め悩みながら料理を組み立てていくので、
知らず知らずのうちに思い入れが深くなっている。

「最後に、ここの料理が食べたくて・・・」などと言われてしまうと、
ついつい熱いものが込み上げてしまう。

感情移入が半端ない。。。

それでも、この春ついにバローレデビューかな!?と
想像をしてしまう、どことなくぎこちなさを感じる初来店の
若いお客様を見ると新たな出会いの芽生えを感じてしまったり。

最近は卒業式シーズンだった為、
初々しい新卒の若い女子大生さんの様なグループだったり、
卒業を迎えたお子さんといらっしゃるご家族連れの方などの来店を目にする機会も多く、
卒業のメッセージを添えたお祝いプレートを頼まれるなど季節柄な客層だった。

寂しさと楽しみを兼ね備えたこの季節。

今年の春も、もうすぐそこまで来ている。

d0109042_819284.jpg





---------------------------------------イベントの為お休み致します----------------------------------


4 月15、16、17の 3 日間、10周年記念のイベントの為、
通常営業をお休みさせて頂きます。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

このイベントに関しまして、既にご案内を終え、全てのお日にちで
ご予約の方は満席となっております。

この度は、いつも以上に限られたお席数だったということもあり、
日頃からご愛顧いただいているお客様に最優先でお声をかけさせて
いただきました。

そして、本当に有り難いことに、数多くのリアクションを頂きました。

ですが、全ての方にお知らせさせていただくことが叶わず、
ご来店のタイミングが合わなかったり、ご住所がわからなかったりと、
お声をかけることの出来なかったお客様も多数いらっしゃいました。

この場を借りてお詫びさせて頂きます。本当に申し訳ございません。
[PR]

# by valore-saida | 2017-03-24 06:51

DO N KO

Valore staffの荒木です。

先日、春分の日を迎え、日も少しずつ長くなってきましたね^^

ようやく春も近し??と思いきや、また少し降雪・・・
積もるほどではないですが、今年はなんだか降っては融け、
融けては降り、の繰り返しですね。

昨年はすでに出ていた蕗の薹も、今年はちょっとお預けかな。。。

さて、今日の題名「DO N KO」

英語調で、ちょっとカッコよく書いてみましたが、
読み方は、そのままローマ字読みです(笑)

ドンコ

鈍子

どんこ?

・・・とはなんぞや?
と思った方も多いかと。


何かといいますと、この子↓↓↓

d0109042_1052245.jpg


目がちょっとクリッとしてて、手に乗せてみましたけど(笑)カワイイくないですか?

別名「エゾイソアイナメ」と呼ばれるお魚さんです。
(魚は地方によって名前が色々変わりますね)
何を隠そうこの子も、今日ご縁のある函館からやってまいりました。

昨 年も少しお目見えしたものの、入荷量が少なく、ご提供には数が限られていました。
今が旬で、まとまって獲れるそうなのですが、
なぜかあまり世間には知られていない「ドンコ」さん。

先日たまたま帰宅した際にテレビで、さかなくんがこの「ドンコ」の特集をやっていて、
なんてタイムリーな!!と思いましたが、
既に終盤にさしかかっていて、あまり見れず残念(^_^;)
もしかしたら、ご覧になった方もいるかもしれませんね。
そんなわけで、最近では少しずつ注目されているのかな?と思ったり。

シェフはこの「ドンコ」の存在を知ってから、とてもお気に入りらしく、
色々なお料理となって登場しています。
とにかく鮮度が良いので、カルパッチョはもちろん、
蒸してみたり、フリットにしてみたり、ムースにしたり、etc...

さらにこの子の肝が大事なのです。
肝ソースも作って添えた、一皿も作っていましたが、
この肝のなんとも言えない美味しさ!

私の中では、魚の肝と言えば、ものによっては苦いような(秋刀魚を思い出します)、
独特の味と思ってしまうのですが、
この肝ソース、変な癖や生臭さもなく、さらっとしていつつも濃い味で美味しい!
身も美味しければ内臓も美味しく頂ける、なんてこんなお魚さん、注目すべきですよね!

今回は、入荷量も少し多かったので、パスタコースの選べるパスタでも、
同じ函館の海藻と合わせてご提供していますが、これが大人気で(^^)/

旬もあっと いう間=大人気=数も限られている

気になった方はお早目に食べにいらしてくださいね!
[PR]

# by valore-saida | 2017-03-22 10:05

はじめました~♪

ご無沙汰しております、Valore staffの荒木です。

2月は逃げる…ということでホントに2月は逃げるように、
気づけば3月に突入し、既に半分が過ぎています。
そして3月は去る…きっとあっという間に去っていくのでしょう…(^^;

さて、覚えていらっしゃるでしょうか?
昨年の11月末に、柚子とレモンのWチェッロを仕込んだ時のblogを書きました。

約1か月ぐらいで、飲めるようになるのですが、そこは我慢!

もう少し熟成、熟成・・・と、あれから約3か月。

そろそろ飲み頃では?と、待ちに待った解禁!

柚子もレモンもどちらも、見た目はとてもクリアで綺麗な色。
きつくきつく閉めた蓋を、ようやっと開けてみると・・・

柑橘の爽やかな香り♪
プラス、さすが世界一アルコール度数の高いリキュール。
そのアルコールの香りだけで酔っちゃいそうです(笑)

まずはストレート。
うんうん、いい感じ。これはイケるかも~♪

早速シェフとマダムに試飲してもらいました。
さすがにストレートはキツイので、
炭酸水で割って飲んでもらいました。

「うん、美味しい!」

「うん、美味いわ!」

・・・と好評を頂いたので、ついに念願のグランドメニューに・・・!

ということで、

[自家製無農薬柚子チェッロ]

はじめました(^o^)/

食前酒として、炭酸で割った柚子チェッロをご提供しております。

アルコール度数なんてなんのその!の方にはそのままストレートでもお出しできます。

甘さも控えめにしているので、お食事の邪魔もしないかと思います。
量も限られているので、限定です。

是非お試しくださいね!


d0109042_10335751.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-03-15 10:34

函館再び

日中の気温がプラスとなり穏やかな陽気に包まれた美瑛。
雪の路面も一気に溶けだし、ザクザク道が車を走りにくくする。

一瞬、春はもうすぐ目の前まで来ていそうな程の錯覚を覚えるのだが、
そこは例年のこと、ここからまだまだ雪の降る日が襲ってくるのだ。

さて、先日お店の臨時休暇をいただきとある場所へ。。。

そこは昨年から何かとご縁のある街、函館。
またしても片道6時間半かけての長距離運転。

今回は函館市の雇用推進協議会からの依頼を受けて、
地域の食資源活用研修(冬)と題された講習会に講師として伺ってきた。

こう言った仕事は普段なかなか受けないのだが、
「函館の魚介に合った野菜使いのポイントを是非教えていただきたい」
といった趣旨で、わざわざ遠く離れた美瑛の私に声を掛けていただけた経緯と、
その他の理由もあり少し迷ったが快諾をした。

今日、食の育成に盛り上がりを見せる街、函館。
都会に負けないくらいの意識の高いお店が軒を連ねている。

その熱き地で、独自の理論で魚の扱いを探究している神経〆師 坂井貴博氏との
出会いは私にとっても大きな刺激となっていた。

彼は地元のお店をはじめ、東京や関西の有名店にも魚を卸していて、
卓越した目利きと神経〆の技術はトップシェフ達の間でも評価が高い。

そして、このお話を引き受けた最大の理由が、
信頼する彼との共演だったからに他ならない。

彼が魚についての講演をし、その後私が料理実演をするといった流れ。

前日のミーティング中に突如決まった神経〆も急遽追加され、
坂井氏の講演に参加者達の関心も終始高かった。

d0109042_1757257.jpg



私の方はと言うと、可もなく不可もなく終わったので割愛するが、
何とか与えられた時間で料理実演を終えることが出来た。

参加下さった皆さんには、今回レシピ提案をさせていただいた料理、
旬の魚介と野菜をテーマにした3品をご試食いただいた。

「すごく美味しかった」「野菜使いの良さが伝わりました」等、一応好評の声を
いただけたので、成功だったと言えたのではないだろうか。。。

普段の業務とは全く勝手が違い、厨房機器も乏しい環境の中で、
調理の説明をしながらの実演というのは、なかなかに難しく、思いのほか
大変だったのだが、良い経験になったことだけは確かだ。

今後もこう言った依頼があれば今度からは前向きに考えていこう。。。かな?

d0109042_1183856.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-03-12 22:22

嬉しい気持ち

Valore staff 小林です。

ここ最近溶けかけていた雪がこの数日で一気に降り積り、
もうすぐ終わりそうかと思っていた冬がまだまだ続きそうだなと感じています。

今日は少し前の出来事をお話させていただきたいと思います。

その日は空いた時間ができたので、いつも掃除できていない
部分の掃除をしようと思い立ち、始めました。

それは、毎日頑張ってくれているガス台です。

毎日、使用した後に綺麗に表面は洗うのですが、
隅々の汚れまではなかなか手が付けられていませんでし た。

見るたびに、「あぁー、綺麗に掃除したいな」
なんて思いながらも毎回後回しにしてしまっていると ころでした。

作業を始めて、奥の方に固まっている油汚れなどが綺麗に落ちていき、
どんどん新品のように綺麗になっていくのが嬉しくなり、ついつい
没頭してしまいます。笑 

しかし、さすがに長年使用している頑固な汚れにはなかなか勝てず。
でも、どうにかして綺麗にしたくて家に帰ってから、
「頑固な汚れが落ちる方法」「掃除道具」などで検索したり。笑 
 
汚れていた部分が綺麗になると、自分も達成感を感じるとともに、
ガス台もなんだか喜んでくれているような気がして嬉しくなります!
普段からもっともっとまめに掃除してあげようという気持ちになりました。

d0109042_147241.jpg


次にまかないでの事。
毎日作らせていただいているまかない。
限られた食材のなかでのやりくりは、レパートリが一緒になってしまったり、
味つけが一緒になってしまったりとなかなか思うようにはいかず。

ですが、美味しものが作れるとやはり嬉しくやりがいを感じております。

そして、この前は「ラザニア」を作らせていただく機会がありました。
普段はなかなかいただけない営業用のお肉をこの日は分けていただき
ボロネーゼに挑戦したり、麺も初めて自分で練って作らせていただきました。
自分なりに試行錯誤しながら、なんとか完成して皆に食べてもらうと
「初めてにしては良いじゃない」というお言葉をいただきました。
心の中でガッツポーズをしつつ一安心。
頑張って作ったものが美味しく作ることができ、それを食べていただいて
美味しいといっていただけるほど嬉しいことはなかなかないと思います。

次は何を作ろうかなと考える日々です。

d0109042_1473716.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-03-01 15:41