「ほっ」と。キャンペーン

ValoreLog

休みの日課

大変ご無沙汰しております。
valore スタッフの小林です。

長らく更新せず、申し訳ありませんでした。
あっという間に2016年が終わり、
新しい年が明けてもうすぐ2か月が経とうとしております。

この前、年が明けたような気がするのですが時間が経過するのは早く、
またすぐに1年が終わりそうで怖いです。

私ごとですが、気づけば美瑛に来て今年で3年が経ちます。
少し振り返ってみると、本当に沢山の出来事がありました。

バローレで働き始めて、今まで見たことのなかった食材に触れることができたり、
ここでしか経験することのできないことを経験することができたり、
素敵な方、お客様との出会いがあったりと、数えたらきりがないほど濃厚な時間を過ごすことができました。

それも、シェフをはじめ周りの支えがあったからだと感じております。
知っている人や友達が一切いないこの環境での生活に、
戸惑いや苦労したことも今では懐かしい思い出になっております。

北海道に来て5年、聞き取ることも言葉の意味も全然わからなかった方言やなまりも、
今では自然に使ったりと少し道民に染まっている自分をふと面白く思ったりもしています。
地元の友達に会うと、よく「なまってる!」「イントネーションがおかしい!」など言われてしまいます。笑 

余談はさておき、最近の出来事。
今、私はお店で使わせてもらっている牛乳やヨーグルト・チーズなどの乳製品を
作っている酪農家さんのところにお店が定休日の度に研修に行かせていただいています。

今回は、そこの酪農家さんのお話をさせていただきたいと思います。
ご夫婦で酪農を営み、牛乳・乳製品の加工もすべてお二人で手がけています。
6頭の乳牛を飼い、その牛たちの牛乳を使い乳製品を加工・製造しています。

牛たちに名前をつけ、家族の一員のように可愛がって接しておりました。

実際、牛たちは自分の名前を覚えていて、呼ぶと反応して近寄ってくるのです。
牛は、人間に心を開いてくれるまで毎日接しても3か月はかかるそうです。

実際、数回しか接していない自分はブラッシングかけるのもあまり上手にかけることができません。

人間と同じように性格があり、人見知りする牛や人懐っこい牛、臆病な牛などなどそれぞれ違います。
また、牛たちにも相性があるそうで苦手な牛が近づいてくると、その場所から逃げていきます。
人間と本当に一緒で見ていて面白いです。

こちらでは、牛がストレスのない快適な環境で過ごせることを第一に考え、
一年中牛を放牧していつでも牛舎との出入りを自由にしているそうです。

冬の時期でも除雪をして少しでも牛が外との出入りができるようにしているとおっしゃっていました。

北海道では酪農が盛んですが、その中でも放牧をしているのは全体の5%だと聞きました。

5%以外は、牛舎に繋がれたままで自由に動くこともできず毎日を過ごし、
年に一回のお産を強制されています。

また、乳量を増やすために高蛋白質の飼料を与えられて、もって生まれた
寿命を全うできない牛たちが沢山いるそうです。

私たち人間が品種改良をしてしまい、大量生産するために機械と同じように
扱っているという現状があるということを知りました。

毎日の生活で、乳製品を使っている家庭は沢山あると思います。
お店でも毎日のように乳製品を使います。その乳製品を作るためには、
牛たちが毎日頑張って乳を出してくれているおかげで作ることができている
ということをぜひ知っていただければと思います。


d0109042_16484578.jpg


この時期の美瑛の道路は、大変ざくざく道になっており滑りやすく危険なため、
お越しの際はくれぐれもお気をつけていらしてください。お待ちしております。
[PR]

# by valore-saida | 2017-02-19 16:49

2月6日

Mrs. Saidaです

2月6日。今年で5回目の花を贈った。

昨年は、小学4年生の女の子に似合うピンクのお花を、
「今年は小学5年生の女の子に似合う可愛いお花を」と注文した。

生きていれば丁度うちの娘と同じ歳になる子。
うちの娘が成長するとともに、その子の事も一緒に思い出す。
その子の母親は私の同級生、大切な存在です。

お花が届いたその日にメールが来た、

「なかなか会えないけど思ってくれている友達がいる・・・感謝している・・・」

と言うような内容だった。

私は5年前の彼女の顔を忘れない。
体の一部をもぎ取られるくらい辛いことがあったのにも関わらず、
乗り越えられない壁を彼女は少しずつ前向きに進んでいる。

今迄彼女に「大丈夫?」 「気を落とさないで!」 「何かあったら言って」
なんて言葉は掛けたことがない。
壮絶すぎてすべての言葉が薄っぺらいと思ったからだ。

感謝しているのは私の方だと学生のころから思っていた。
そして、今の私の励みになっているのは彼女のおかげだと初めて伝えた。

彼女のことを思い出す度、大切な人を亡くした人たちを思い出す度、
私が抱える困難なんて、困難ではないと・・・

だから私は時にはくよくよすることもあるけれど、
逆境を糧にする面白さを見つけようと思えた。

彼女が少しずつ進んでいる姿が私の支えになるのならば、
そうすることが彼女への支えでもあると思うから。
私は一生それを忘れてはいけないと。

人が悲しんでいる時、人が喜んでいる時・・・
何かをしてあげたり、何かを贈ったりするだけではなく、
“自分がどう生きるべきか”
人の悲しみや幸せを本気で心から一緒に分かち合える人は、
自分が一番辛い、不幸だなんて思わないはず。

人生逃げ道、抜け道なんて沢山あります、標識までご丁寧についているくらいかと。。。

そんな標識に従って進める人はある意味幸せなんだと思います。
あえて急な上り坂を選ぶ必要なんてないのだから。

でも、私はまだまだ彼女には勝てませんが、
すり抜ける道を探すことだけは辞めようと思います。

困難は人から新しい力を引き出してくれるように、
困難を持ってくる人は、困難を受け入れた人をまた一層成長させる。

来年、その子が生きていたのならば中学生になる年。
来年はどんな花を贈ろうか。

d0109042_10505984.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2017-02-15 10:51

真昼の半月

d0109042_174987.jpg


Mrs Saidaです。

今日は比較的穏やかな天気。
いつもよりは少しだけ温かい。
とは言っても最高気温が-3℃なのですが、、、

いろいろと悩まされることが相変わらず多い日々。
大変とは思う反面、そういう考えさせられる環境に
あるというのはとても充実していることだとも思う。

自分にとって安易な方の道を選択したら、その分きっと
マイナスの結果が付きまといそうで怖いというのもある。

何も考えることがなく、何の刺激も無く、ただ何となく
だらだらと時間だけが過ぎてゆくのは本当につまらない
ことだと感じるはずだから。

幸いにもそっち側の経験は今だしたことはないが、
大変だと感じることほど、成し遂げた時の達成感は
必ずと言っていい程比例する。

うちのお店でいうとそれがお客様からの評価だったりすると
尚更嬉しいことで、やりがいは大きく加速するのだ。

今、私はとある勉強を1から始めているのだが、
頭が凝りに凝り固まっているこの歳なので、人一倍
時間を掛けないと簡単には覚えれません;;

とは言っても全く知識0のことをやるのだから、並み大抵の
ことではありません。

でも、成果が出たときにはきっと、その費やした時間以上の
喜びとなって返ってきてくれることだろうと、楽しい方に捉えると
敢えて忙しく送るようにしているこの日常も充実するというもの。

頭を使いすぎたら、時にはリフレッシュ。
やっぱり身体を使い走ることも大事(冬は屋内なのが残念ですが)

なるべく隙間なく過ごす一日の中で、それでも充実していると思える
そんな時間こそが、私にとっての人生の楽しみ方なのかもしれない。

以下お知らせです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

3月7.8.9とシェフが出張につき不在の為、連休を頂戴いたします。
皆さまには大変ご迷惑をお掛け致しますがどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]

# by valore-saida | 2017-02-08 17:04

真冬の一コマ

年が明け早くも一ヶ月が過ぎた。

節分も終え、今日から暦の上では春というのだから、
お皿の上の料理も意識して、、、といきたいところだが、
外を見渡せば一面真っ白の銀世界。

ここではまだまだ冬本番。
そんな話、なかなかピンとこない。。。

そして、それは我々人間だけではなく周辺に住む
小動物たちにとってもまだまだ厳しい季節なのだ。

d0109042_16105956.jpg
d0109042_1611244.jpg



それでも、ダイヤモンドダストや霧氷といった
この時期ならではの幻想的な自然現象が、
厳冬の凍てつく寒さを幾分か癒してくれる。

限られた気象条件、限られた時間の中でしか
お目にかかれないこの地ならではの冬の情景だろう。

連日による冷え込みが続き実に冬らしいと思う一方、
久しぶりの降雪となった昨日、うちの除雪の主力とも
言うべきタイヤショベルが、ついに機嫌をそこねる。

ただでさえかかりの悪かったところ、ここ2週間程
まともに雪が降らなかった為出番がなく、それでも
気温だけは低かったせいか何ともタイミング悪く
バッテリーが上がってしまったというわけだ。

普段なら、ものの20分程で終わるところ、
人力で行うとなると1時間以上も時間を費やした。

久しぶりの完全人力作業は、改めてショベル君の有り難味と
なかなかの疲労感をもたらしてくれたのであった。
[PR]

# by valore-saida | 2017-02-04 16:11

2017年~幕開け~

新年明けましておめでとうございます


Valore staffの荒木です。

昨年も沢山のお客様に来ていただき、

沢山の元気と笑顔を頂きました^^

本当にありがとうございました。


Valoreのオープンから一緒に歩ませて頂き、気が付けば今年で10年。
本当に本当に沢山の方々に支えられてきました。

10年という節目で、色々と考えてしまう部分が沢山増えてきていると思う今日この頃。
年々頭も固くなってきていて、その固い頭をどうにかこうにか柔らかくしたいところです。

それだけ私も歳をとったということでしょうか。


あとは身体は資本。

健康第一。

変に無理をしないで欲しいです。

倒れてしまったら、何も出来ないですから。。。

特にシェフとマダムに倒れられては困ります(@_@;)

気持ちは若くても、身体は正直です。



今年もまた、お客様の期待に・・・

いえ、期待以上に応えられるように、努めて参りたいと思います。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

今年も沢山の笑顔に出逢えますように!


d0109042_1044570.jpg



~Information~

新年早々ですが、毎年恒例の各自研修を兼ねて、

1月10日(火)~19日(木)まで冬休みをいただきます。

申し訳ございませんが、その間はご予約もお受けできません。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。
[PR]

# by valore-saida | 2017-01-06 10:04