ValoreLog

函館再び

日中の気温がプラスとなり穏やかな陽気に包まれた美瑛。
雪の路面も一気に溶けだし、ザクザク道が車を走りにくくする。

一瞬、春はもうすぐ目の前まで来ていそうな程の錯覚を覚えるのだが、
そこは例年のこと、ここからまだまだ雪の降る日が襲ってくるのだ。

さて、先日お店の臨時休暇をいただきとある場所へ。。。

そこは昨年から何かとご縁のある街、函館。
またしても片道6時間半かけての長距離運転。

今回は函館市の雇用推進協議会からの依頼を受けて、
地域の食資源活用研修(冬)と題された講習会に講師として伺ってきた。

こう言った仕事は普段なかなか受けないのだが、
「函館の魚介に合った野菜使いのポイントを是非教えていただきたい」
といった趣旨で、わざわざ遠く離れた美瑛の私に声を掛けていただけた経緯と、
その他の理由もあり少し迷ったが快諾をした。

今日、食の育成に盛り上がりを見せる街、函館。
都会に負けないくらいの意識の高いお店が軒を連ねている。

その熱き地で、独自の理論で魚の扱いを探究している神経〆師 坂井貴博氏との
出会いは私にとっても大きな刺激となっていた。

彼は地元のお店をはじめ、東京や関西の有名店にも魚を卸していて、
卓越した目利きと神経〆の技術はトップシェフ達の間でも評価が高い。

そして、このお話を引き受けた最大の理由が、
信頼する彼との共演だったからに他ならない。

彼が魚についての講演をし、その後私が料理実演をするといった流れ。

前日のミーティング中に突如決まった神経〆も急遽追加され、
坂井氏の講演に参加者達の関心も終始高かった。

d0109042_1757257.jpg



私の方はと言うと、可もなく不可もなく終わったので割愛するが、
何とか与えられた時間で料理実演を終えることが出来た。

参加下さった皆さんには、今回レシピ提案をさせていただいた料理、
旬の魚介と野菜をテーマにした3品をご試食いただいた。

「すごく美味しかった」「野菜使いの良さが伝わりました」等、一応好評の声を
いただけたので、成功だったと言えたのではないだろうか。。。

普段の業務とは全く勝手が違い、厨房機器も乏しい環境の中で、
調理の説明をしながらの実演というのは、なかなかに難しく、思いのほか
大変だったのだが、良い経験になったことだけは確かだ。

今後もこう言った依頼があれば今度からは前向きに考えていこう。。。かな?

d0109042_1183856.jpg

[PR]

by valore-saida | 2017-03-12 22:22
<< はじめました~♪ 嬉しい気持ち >>