ValoreLog

写真をお撮りになるお客様へ

当店では空間作りへの配慮の為、
現在、写真撮影は料理のみとさせていただいておりますが、一部で最近
マナーの悪いお客様を目にする機会が特に多くなっているように感じています。

せっかくのタイミングで出されたお料理に手を付けないでいつまでも写真を撮り続ける方。

料理は生き物です。
温度、形、色、時間の経過と共にお客様に出した瞬間から僅かづつ劣化してゆくものです。
出された方には気にならない範囲なのかも知れませんが、想いを込め作らせていただいている
側からすれば、とても耐えられない気持ちになってしまいます。

私達料理人は、出来たてのその料理の最高の状態を、一瞬一秒でも早く
お客様の元へと届けるため、最良のタイミングを逆算して、料理を作らせて頂いております。

どうかそこの部分をご想像いただけると大変有り難く存じます。

しかしながら、お客様に「綺麗、素敵、美味しそう」と思えるお皿に仕上がるよう、
手間を掛け盛りつけをさせていただいている以上、「写真に収めて思い出にしたい」と
思っていただけることはとても光栄なことで、私達としましても一定の理解を示したいところであります。

料理が出てきて直ぐに、パシャッと携帯やデジカメで一枚写真を撮るというのは、
全然構いませんし、むしろ有り難く嬉しい気持ちにさえなります。

ですが、お料理そっちのけで自分の写真のクオリティだけを求めて、プロ仕様の一眼レフで
何枚も何枚も角度を代えレンズを代えて、というのは行き過ぎだと思うのです。

更には、そこから自分のSNSに投稿をはじめているような振る舞いを延々と見せる方まで。

それってどうなんでしょう。。。

思わず「なにしに来てんの?」
と突っ込みたくなってしまいます。

あげくの果てには、写真を撮るのに夢中になりすぎて、
食器やグラスをひっかけて破損させるといった事案まで発生しております。

こうなると、もはやお店側とお客様側という関係性以前に、
人として憤りを感じてしまいます。

壊れた備品は自分達の足で一生懸命に探し、悩み、考えて購入したものだったり、
作家の方に依頼して、何度もデザインをやり直しながらオリジナルのものを作って
もらったりと金額以上に、愛着を持って使っている品々ばかりなのです。

このままではお料理写真もNGとして、当店での写真撮影自体を御遠慮させて
いただかなくてはならないといった状況も今後は考えております。

もちろんそれは一部の方に限ったことで、きちんと節度を持って撮られている方が
ほとんどであります。

ただ、お店という公共性を考えますと、こういう人は良くてこういう人は駄目という
線の引き方では納得していただけない方も中にはいらっしゃいます。

良識を持って料理写真を撮っていらっしゃる方々には大変申し訳ございませんが、
今後やむを得ない決断をさせていただく可能性がございますのでご了承ください。

また、予約の時間を過ぎていらっしゃるにも関わらず、外で外観の写真を延々と
撮っていらっしゃる方や何度注意させていただいても、こちらの目を盗んで
店内の写真を隠れて撮っている方も一部でいらっしゃいます。

そういった振る舞いを見ると、とても残念な気持ちになってしまいます。

繰り返しになりますが、当店での撮影はお料理のみの写真だけです。
外観も店内も基本的には禁止させて頂いております。

店内写真NGの理由には他のお客様が無断で映ってしまう状況や、他の
お食事中の方が気になり不快に感じてしまうなどの可能性を加味した上で、
講じた経緯がありますので、是非ともご理解下さい。
外観に関しましても、窓際にすべてのお席を配置しているという当店の構造上
同様の事情を考えての事です。

ただし、記念日や遠方からのお客様、久々の再会など、特別な場面では是非思い出として
当店で記念写真をお撮り頂きたく思います。
尚、その際は私達がお撮りさせていただきますので、ご遠慮なくお声を掛けて下さい。
手が空き次第対応させていただきます。

皆さまのご理解とご協力を再度お願いすると共に、
他のお客様も快適にレストランでの時間を楽しめます様、
今一度モラルをお持ちいただいて行動していただけますと幸いです。
 
 
[PR]

by valore-saida | 2017-03-29 15:29
<< 小さくて大きな存在感 ワカレヅキ >>