ValoreLog

valore 10th

4月17日、お陰さまで無事10周年を迎えさせていただきました。

ありきたりの言葉ですが、この10年と言う時間は本当にあっという間でした。

色々と考えてることは日々あり、常に前へと進んでいる自負も少なからずあります。

ですが、まだまだ満足がいくことは到底ないし、自分自身、常に上を目指していたいと
思っているので、自己評価は全然低いです。

ただ、気持ちを込める、想いを伝えるという仕事はいつも心がけているつもりなので、
そういった部分がお客様からの嬉しいお言葉に繋がっているのだと思うと、有り難い限りです。

そして、この度の3日間のイベントでは、本当に沢山の所縁あるゲストの方々に
お越しいただくことが出来ました。

今回は日頃、私達がより特別な想いで向き合っている方々に向け、
このイベントのご案内をさせていただきました。そして、どうすれば心から
楽しんでもらえるだろうかと、かつてない程悩みました。

おそらくこの先もう2度とやることは無いだろうと思うようなメニュー構成、
提供の仕方を考えた末、幸いにも感動のお声を頂戴することが出来ました。

しかし、今回ばかりは私達の方がそれを上回る感動を与えていただきました。

本当は予定が有ったのにわざわざ変更し時間の都合を付けて来て下さった方。

週末に来れるのにも関わらず、仕事が終わってからオープン日の17日に合わせ来て下さった方。

遠くは大阪や東京から、本当にこの日のこの時の為だけに駆け付けてくれた方々。

そして、残念ながらこの度は行くことは出来ないけれど、、、
と、言うお気持ちの込もったお花やお祝いの品々、メッセージカードなどが次々と寄せられました。


感激でした。。。


お陰様でこの数日の準備と仕込みで、完全に疲弊していた私達のエネルギーは、一気に満タンになりました!

バローレと一緒に時間を刻んでいただいている、遠く離れていても私達の事を
想っていただいている、といったお気持ちがひしひしと伝わり、この大切な方々に
もっと喜んでいただけるように今後も努めていきたい、と改めて強く思ったのでした。

こんな風に私達の気持ちを受け取って下さり、喜んでいただける方々が居る限り
私達の考え方はこれからも変わることはありません。

心から繋がっていると思えるお客様との幸せな時間の共有は、
私達にとって何よりの財産です。

これからも、今まで通り気持ちの通ったお店創りを心がけ、感動を生み出せる
料理を作り続けていけるよう精進していきたいと思っております。



d0109042_19254055.gif

[PR]

by valore-saida | 2017-04-18 21:23
<< 与え・与えられ 小さくて大きな存在感 >>