ValoreLog

手紙

Mrs. Saidaです。

先日1通の手紙が届きました。
それは所縁のあった先生からのお手紙です。
教師を退職されたと聞いて簡単なお手紙を送らせていただいていました。

そしてそのお返事が来たのです。
そのお手紙には沢山の思いがつづられておりました。
気持ちが込められているその丁寧な文章と、
達筆な直筆に私はどう返していいかわかりませんでしたが、
ペンを取らずにはいられず、思わず返事を書かせていただきました。

恐らく色んな事が、
色んな人たちと、
重なり、
繋がり、
形になり、
色んな思いを込めながら…
誤解されたり、恨まれたり、感謝されたり・・・
真正面から思いっきりぶつかってきた人生なのかと想像しました。

何もしなければ平凡で平和、
それは、何も変わらず、何の進展も無く。
良くも悪くもない。
多分これって凄く楽なことなんだと思います。

嫌われるのを承知で、更にその先を見て進んでいる人は、
嫌われる事を恐れている人達とは到底分かり合えないのかもしれません。

私は人の顔色を見て寄ってくる人よりも、
嫌われるのを恐れない堂々とした人にグッと惹かれます。

今の世の中真正面からぶつかるとなぜか毛嫌いされ、押さえつけられ、悪者にされる。
なぜ、色んな状況を想像し、あらゆる方向から見ようとしないのか。
でも、自分の人生経験が広く深くなければその人の見方も分からないのかもしれないが、
やはり人間なので合う合わないが有るのは仕方のない事でしょう。

人それぞれ色んな形で色んな事を評価しますが、
自分が、いつ、どこで、誰と、どんな時に、どんな体調で、どんな気持ちで・・・
その中でしっかり見極め判断すべきなのかと思います。

人の噂よりも雑念や先入観を捨て、きちんと自分の目で確かめ
その人を知り、その物を感じ冷静に判断する。

そして、その時に得た人は絶対に大切にすると思います。
きっとそうすると直観力も養われるのでしょうね。

たまに、手紙を書いてみるのも良いものです^^

今年初め急に暑くなったせいか、庭の花に変化が・・・
今迄咲いていなかった花が元気に咲いていました。

d0109042_1421790.jpg

[PR]

by valore-saida | 2017-05-31 14:02
<< 搾乳 ある朝の出来ごと >>