ValoreLog

新年明けましておめでとうございます。

Valore staffの荒木です。


2019年、また新たな年がスタート致しました。


昨年も、沢山のお客様にお会いできましたこと、大変嬉しく思っております、
ありがとうございました。


2018年は、旭川空港内にCyanオープンにあたって、シェフとマダムは1年中休むこともなく
毎日仕事をしているのを見ておりました。

シェフとマダムのblogだけでは決して伝わりきれない、
私にも見えていない沢山のことが裏では行われていたのでしょう。

その二人の想いと、その背景で色々な方々と繋がっていることが伝わるはずです、
その完成した商品を是非手に取って頂いて、皆様に感じて頂きたいです。


レストランの方では、昨年の4月に高校を卒業仕立ての春井が新しくstaffに仲間入りしました。


物静かでありながらも、引き出せば色々持っている彼。
入りたてながらも、私には出来ないことに活躍っっっ!


でもまだまだきっと力を秘めているだろう春井には、
今年はもっともっと若い力と潜在能力を発揮して、大活躍してもらわねば!
・・・って私がいう事ではないか(^_^;)

私はというと、毎度ながらありがた迷惑ばかりする毎日(苦笑)
それならまだ踏んだり蹴ったりの毎日の方が楽しいのかもしれませんね。


今年は一体どんな年になるのでしょう、
今年もまた、沢山の皆様のご来店をお待ちしております^^


cyan含めValore三昧していただけることを夢見て。。。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

d0109042_2058620.jpg


# by valore-saida | 2019-01-04 20:55

2019 a happy new year

新年明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとりまして輝ける1年と成ります様、お祈りいたしております。

さて、2019年元旦、皆様はどうお過ごしでしょうか。
初詣に行かれたり、のんびりと正月番組を見ながらvaloreのお節を
つつかれたりと、それぞれのお正月を迎えられていることと思います。

私はというとオープン以来、なんと初めて仕事をしておりました(笑)

かれこれ10年以上、元旦は思いっきりスイッチをOFF0る!と、心に決めてきました。
多忙を極める年末のイベント事からも開放されて晴れやかに過ごすことが
恒例となってきたのですが、今年は一味違います。

そう、何を隠そう元旦早々からcyanの商品を作っておりました!

空港内にありますcyanは年中無休の店舗につき、無論元旦も営業をさせていただいております。
その為、空港店のスタッフ同様に私も今年は動きまして、cyanに商品を供給させていただいている次第です。

その甲斐ありまして、本日2019年より新商品も店頭に並んでおります。

行ってからのお楽しみにしたいので多くは語りませんが、少しだけお話します。
それは、期間限定の新しいプリンなのですが、中身よりも先ず表側の瓶にご注目いただきたいのです。

それは遡ること約5ヶ月ほど前、cyanの立ち上げに奔走しておりました、まだまだ暑い夏の日のことでした。

商品の中に、本店のデザートでも一際好評の高かった野菜のプリンを商品にしようとなっていたのですが、
それを何に入れるのかという話にマダムとなったのです。

中身は何年も繰り返し作り続けて来たデザートでの絶対的な軸があり、その季節毎のラインナップは既に
何となく決まっていたものの、肝心の容器が全く見えておらず、今思えばそこから悩みだしたのが全ての始まりでした。

人とやることがカブることを嫌う私達の性格が災いし、何十冊というカタログに目を通しても2人とも全くピンとこず、
結局決まらないまま時間だけが過ぎていったある日、マダムが思いもよらない事を口にしました。



海外の瓶を輸入しよう。。。と



それは、国内のカタログを片っ端から見ても答えが出ない私達の答えでした。


しかし、そこからが語りつくせぬ程の時間とエネルギーを費やす日々となったのです。。。

なにせ語学力の無い私達が、輸入という全く始めての分野を、国も違う顔も名前も全く知らない相手から、
どうやって仕入れるのだろう。
しかもネットで購入出来るような10個や20個ならまだしも、業務用の何千個という膨大な数を手掛けるのですから、
それはそれは未知の世界です。

意外なほど直ぐに目ぼしいアイテムは見つかったのですが、何せ肝心な仕入れ方が解らない。。。


スタート開始、先ずはそこからつまずきます。


幸いなことに色々な方の力を借り何とか輸入が出来るところのお話は付いたのですが、
日にちが迫るにつれ次第にマダムは昼も夜もなくその対応に掛かりっきりとなりました。
そこまでのお話は濃厚なだけにここでは割愛しますので、興味のある方は本人に直接聞いてみて下さい!


いかんせん日本人とは勝手が違うお国柄もあって、11月のオープンに間に合わすはずが
結局間に合わず、、、なんと4ヶ月以上もかかりようやく先月手元に届いたのでした。

そんな思い入れたっぷりの瓶は、コケラオトシ的に先日のクリスマスイベントでも一足早く使用いたし
ましたので、いらっしゃった方はご覧いただけたかと思います。

そう、本日新年早々に発売した新商品の中身も実はその時出した内容をベースに作ったものです。

来店時の楽しみを残しておきたいので中身についてここでは多くは語りませんが、おおよそスイーツとしては
意外なものを使っています。

そして、瓶の画像も本当はここの場にてご紹介したいところですが、実際ご覧いただいた時の楽しみとして
これもシークレットにさせていただきます。

ただ、一つ言えるのが日本でもこの瓶にプリンを入れて販売しているのはおそらく当店だけだと思います。
そして、この瓶が欲しくて商品を買いたくなるような、そんな瓶を選定できたと自負しております。

何かとお集まりごとの多いこれからの時期、こだわりを目一杯詰め込んだ当店の商品が、皆様のお役に立つ
事が出来れば、こんなに嬉しいことはありません。

是非ともこの機会に valore cyan に足をお運びの上ご覧いただけますと幸いです!


では皆様、本年もValore並びにValore cyanをご愛顧いただけます様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2019 1.1 valore  才田誠

# by valore-saida | 2019-01-01 21:17

2018 年 最後の日に

今年もまた1年があっという間に過ぎ去っていった。
いつもの如く一瞬の出来事のように。。。

特に今年は新ブランドcyanの立ち上げが有った事で、過密かつ濃密な時間となり、
さらに輪をかけたスピードで駆け抜けていった。

おかげさまで様々な用途でご利用いただき、嬉しい声もたくさん聞こえてきてくれて
いるので、立ち上げた意味は確かにあったのだと思う。

まだまだ、やりたいことは色々とあり、またありがたいことにも個人的にお声を
かけていただいているお仕事もある。

2店舗に増えただでさえ許容量が目一杯のところだが、人に必要とされることは
実に有り難いことなのだと感謝しつつも、抱えきれなくならない様今更ながら
自分の僅かな「のびしろ」を少しでも増やしたいと願うばかりだ。

来年はどんな1年になっていくのだろう。。。

進化、深化、真価、色々なる「シンカ」の一年になると信じて。

                                            

2018 12.31 valore 才田 誠


d0109042_16331936.jpg


# by valore-saida | 2018-12-31 16:33

背景

Mrs Saidaです。

この度の旭川空港国際線ターミナルにおけますバローレシアンの立ち上げに際して、
沢山の方々の応援と励ましを頂き本当に感謝しております。

長いお付き合いの方もいれば、今回初めて一緒に仕事をさせていただいた方、
皆さんすばらしい方たちばかりで幾度となく勇気付けられ、多くの感動を頂きました。

また、夏の繁忙期とこの度の出店準備が重なり、かなりのハードスケジュールとなってしまい、
常日頃からご利用いただいておりますお客様にはぎりぎりまで営業日程が定まらず、
大変ご迷惑をおかけいたしましたことを改めてお詫び申し上げます。

国際線の新設という命題に向かい、実に沢山の方々が携わっておりました。
その中にあるシアンも小さなお店ではありますが、多くの人たちの想いが込められております。

私たちのイメージを直ぐに汲み取ってくれる直観力の持ち主。

夜中まで仕事のお付き合いをしてくれる業者さん。

週末関係なしに電話対応してくれる営業マン。

新しい仕事にプレッシャーを感じながら忠実に応えてくれるパティシエさん。

無理難題をこなしてくれるスーパーマン。

部下を労える上司。

影のプロフェッショナルな男たち。

徹夜明けでも笑顔で軽快に対応出来る素敵な女性たち。

まだ出会えていないけど、国内外において迅速に手配を進めていただいた方々。

せっぱ詰まっている私に気の効いたメールを送り笑わせてくれる人。

包材置き場の土台を足腰痛めながらも半日で作り上げてくれた父。

そのどれもが忘れられない素敵な背景です。

そして、そして、レストランの仕事も当たり前にこなしながら遅くまで
野菜を一時加工するうちの従業員達、、、

そんな中で一瞬でも手が開けば大掃除。
使い古しの鍋もピカピカに磨いてくれたり。

この時代否定するのは簡単です。

恐らく関わらなかった身近な人ほどストレートに上から否定します。

しかし、苦労、経験をプラスにしてきた人は想像力もあり言葉を選べます。

良い時に人が集まってきてくれるのは当たり前のことだけど、
大変なときにこそ側で励まし支えてくれる人は本物の人だと思う。

そんなさまざまな人間像も感じられた今回のオープンです。

誰に何を言われても自分達の信念に従い突き進み、前を見ていこうと思います。

何週間ぶりでしょう、気温が上がったので走りました。
青空に旭川空港から飛び立った飛行機が、飛行機雲を作り飛んでいきました。


d0109042_9303948.jpg



まだまだ私達的には50%でのスタートです。
時間や予算がなく、見送ったことも多々あります。

何とか100%に少しでも近づけるように今尚続行中です。

大切な人に送りたいと思ってもらえるような商品を作りたいと関係者全員が思っております。
今後とも何卒暖かく見守っていただけたらと思います。

# by valore-saida | 2018-12-05 09:13

頼もしいパティシエ達

cyanオープンから1週間が経過しました。
是非とも、より多くの皆様にご覧いただき、商品をお手に取っていただければ幸いです。

今回この新店舗に向けての商品を作るにあたり、空港内ということもあり
自分のお店の製造能力だけでは、安定かつクオリティある供給の持続が難しいと判断をし、
スイーツ作りのプロ、洋菓子職人のお力を借りることとなりました。

旭川の老舗菓子店、壺屋総本店が展開する洋菓子ブランド「き花の杜」のパティシエに
この度全面協力をいただいております。

こちらの職人の技術は市内でも特に秀でるものがあり、こと生菓子に関しては
かなりレベルの高い商品を提供していると私自身、確信を持っております。

シェフパティシエの玉井さん、ショコラティエの村本さんを中心として、私の発案したスイーツを、
完全再現していただく為、長きに渡り商品開発に共に携わっていただいてきました。

私の得意分野である野菜使いとパティシエさんのお菓子作りのノウハウを融合させた
新しい感覚の洋菓子に「vegetable sweets」と言う冠名を掲げ始まった今回のプロジェクト。

原料調達は私が今まで懇意にしてきた生産者さんのものを収穫期を見込み取り揃え、
それをお店で加熱、加工してメインの素材とし、それをパテシエに託し私の表現したいお菓子へと
落とし込むという流れです。

お互い日々の業務の合間を縫って、何度も打ち合わせを重ね、
何度もやり直しをして少しづつ形にしていく。

そんな作業の繰り返しにどれだけの時間とエネルギーを費やしてきたか知れません。
沢山のイレギュラーや思いがけない出来事の数々、数え上げればきりがない程。

普段の洋菓子作りとは勝手が違い、始めてのことばかりだったであろう状況の中で、
私の無茶やわがままを柔軟に聞いてくださり、新商品として生み出すことに共感できた
ことは、険しくも嬉しい時間でした。

この方たちの存在なくしてcyanオープンの実現はあり得ませんでした。

そうして出来上がった商品に対し、お客様にどんな評価をされるのか、今はまだ解りません。

美味しい、面白い、綺麗。
高い、美味しくない、想像と違ったetc...

色々な賛否の声は承知のうえで、それでも私達は自分達がやる意味のあるものを作ろう
という一点で始めました。

誰にでも出来ることならやる意味がない、、、と。

素材も拘りの生産者さんのものを選び、原料もとびきり良いものを使っています。
そして、その商品を入れる包材にも、デザイン性を追及した完全オリジナルのものをフルオーダーしました。

それが反映された商品の背景をお客様が感じとっていただければ、そんな嬉しいことはありません。

何か新しいことを始める時、否定的な意見はつきものです。
勿論、参考意見として耳は傾けますが、そこに固執しすぎてしまうと自分の世界観が薄まり
結果ブレた路線を歩むことになるのだろうと考えます。

Valoreというお店での価値を磨き走り続けてきたこの10年があったから、
今回の新たな1歩もまた踏み出せたと思っています。

このお店の歴史も始まったばかりですが、皆様に喜んでいただけるような魅力溢れる
商品を提供出来るよう、頼もしいパティシエ達と共に精一杯取り組んで参りますので、
これからcyanをどうぞ宜しくお願い致します。

d0109042_23143231.jpg


# by valore-saida | 2018-11-28 23:15