ValoreLog

背景

Mrs Saidaです。

この度の旭川空港国際線ターミナルにおけますバローレシアンの立ち上げに際して、
沢山の方々の応援と励ましを頂き本当に感謝しております。

長いお付き合いの方もいれば、今回初めて一緒に仕事をさせていただいた方、
皆さんすばらしい方たちばかりで幾度となく勇気付けられ、多くの感動を頂きました。

また、夏の繁忙期とこの度の出店準備が重なり、かなりのハードスケジュールとなってしまい、
常日頃からご利用いただいておりますお客様にはぎりぎりまで営業日程が定まらず、
大変ご迷惑をおかけいたしましたことを改めてお詫び申し上げます。

国際線の新設という命題に向かい、実に沢山の方々が携わっておりました。
その中にあるシアンも小さなお店ではありますが、多くの人たちの想いが込められております。

私たちのイメージを直ぐに汲み取ってくれる直観力の持ち主。

夜中まで仕事のお付き合いをしてくれる業者さん。

週末関係なしに電話対応してくれる営業マン。

新しい仕事にプレッシャーを感じながら忠実に応えてくれるパティシエさん。

無理難題をこなしてくれるスーパーマン。

部下を労える上司。

影のプロフェッショナルな男たち。

徹夜明けでも笑顔で軽快に対応出来る素敵な女性たち。

まだ出会えていないけど、国内外において迅速に手配を進めていただいた方々。

せっぱ詰まっている私に気の効いたメールを送り笑わせてくれる人。

包材置き場の土台を足腰痛めながらも半日で作り上げてくれた父。

そのどれもが忘れられない素敵な背景です。

そして、そして、レストランの仕事も当たり前にこなしながら遅くまで
野菜を一時加工するうちの従業員達、、、

そんな中で一瞬でも手が開けば大掃除。
使い古しの鍋もピカピカに磨いてくれたり。

この時代否定するのは簡単です。

恐らく関わらなかった身近な人ほどストレートに上から否定します。

しかし、苦労、経験をプラスにしてきた人は想像力もあり言葉を選べます。

良い時に人が集まってきてくれるのは当たり前のことだけど、
大変なときにこそ側で励まし支えてくれる人は本物の人だと思う。

そんなさまざまな人間像も感じられた今回のオープンです。

誰に何を言われても自分達の信念に従い突き進み、前を見ていこうと思います。

何週間ぶりでしょう、気温が上がったので走りました。
青空に旭川空港から飛び立った飛行機が、飛行機雲を作り飛んでいきました。


d0109042_9303948.jpg



まだまだ私達的には50%でのスタートです。
時間や予算がなく、見送ったことも多々あります。

何とか100%に少しでも近づけるように今尚続行中です。

大切な人に送りたいと思ってもらえるような商品を作りたいと関係者全員が思っております。
今後とも何卒暖かく見守っていただけたらと思います。
[PR]

by valore-saida | 2018-12-05 09:13
頼もしいパティシエ達 >>