人気ブログランキング |

ValoreLog

2019 a happy new year

新年明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとりまして輝ける1年と成ります様、お祈りいたしております。

さて、2019年元旦、皆様はどうお過ごしでしょうか。
初詣に行かれたり、のんびりと正月番組を見ながらvaloreのお節を
つつかれたりと、それぞれのお正月を迎えられていることと思います。

私はというとオープン以来、なんと初めて仕事をしておりました(笑)

かれこれ10年以上、元旦は思いっきりスイッチをOFF0る!と、心に決めてきました。
多忙を極める年末のイベント事からも開放されて晴れやかに過ごすことが
恒例となってきたのですが、今年は一味違います。

そう、何を隠そう元旦早々からcyanの商品を作っておりました!

空港内にありますcyanは年中無休の店舗につき、無論元旦も営業をさせていただいております。
その為、空港店のスタッフ同様に私も今年は動きまして、cyanに商品を供給させていただいている次第です。

その甲斐ありまして、本日2019年より新商品も店頭に並んでおります。

行ってからのお楽しみにしたいので多くは語りませんが、少しだけお話します。
それは、期間限定の新しいプリンなのですが、中身よりも先ず表側の瓶にご注目いただきたいのです。

それは遡ること約5ヶ月ほど前、cyanの立ち上げに奔走しておりました、まだまだ暑い夏の日のことでした。

商品の中に、本店のデザートでも一際好評の高かった野菜のプリンを商品にしようとなっていたのですが、
それを何に入れるのかという話にマダムとなったのです。

中身は何年も繰り返し作り続けて来たデザートでの絶対的な軸があり、その季節毎のラインナップは既に
何となく決まっていたものの、肝心の容器が全く見えておらず、今思えばそこから悩みだしたのが全ての始まりでした。

人とやることがカブることを嫌う私達の性格が災いし、何十冊というカタログに目を通しても2人とも全くピンとこず、
結局決まらないまま時間だけが過ぎていったある日、マダムが思いもよらない事を口にしました。



海外の瓶を輸入しよう。。。と



それは、国内のカタログを片っ端から見ても答えが出ない私達の答えでした。


しかし、そこからが語りつくせぬ程の時間とエネルギーを費やす日々となったのです。。。

なにせ語学力の無い私達が、輸入という全く始めての分野を、国も違う顔も名前も全く知らない相手から、
どうやって仕入れるのだろう。
しかもネットで購入出来るような10個や20個ならまだしも、業務用の何千個という膨大な数を手掛けるのですから、
それはそれは未知の世界です。

意外なほど直ぐに目ぼしいアイテムは見つかったのですが、何せ肝心な仕入れ方が解らない。。。


スタート開始、先ずはそこからつまずきます。


幸いなことに色々な方の力を借り何とか輸入が出来るところのお話は付いたのですが、
日にちが迫るにつれ次第にマダムは昼も夜もなくその対応に掛かりっきりとなりました。
そこまでのお話は濃厚なだけにここでは割愛しますので、興味のある方は本人に直接聞いてみて下さい!


いかんせん日本人とは勝手が違うお国柄もあって、11月のオープンに間に合わすはずが
結局間に合わず、、、なんと4ヶ月以上もかかりようやく先月手元に届いたのでした。

そんな思い入れたっぷりの瓶は、コケラオトシ的に先日のクリスマスイベントでも一足早く使用いたし
ましたので、いらっしゃった方はご覧いただけたかと思います。

そう、本日新年早々に発売した新商品の中身も実はその時出した内容をベースに作ったものです。

来店時の楽しみを残しておきたいので中身についてここでは多くは語りませんが、おおよそスイーツとしては
意外なものを使っています。

そして、瓶の画像も本当はここの場にてご紹介したいところですが、実際ご覧いただいた時の楽しみとして
これもシークレットにさせていただきます。

ただ、一つ言えるのが日本でもこの瓶にプリンを入れて販売しているのはおそらく当店だけだと思います。
そして、この瓶が欲しくて商品を買いたくなるような、そんな瓶を選定できたと自負しております。

何かとお集まりごとの多いこれからの時期、こだわりを目一杯詰め込んだ当店の商品が、皆様のお役に立つ
事が出来れば、こんなに嬉しいことはありません。

是非ともこの機会に valore cyan に足をお運びの上ご覧いただけますと幸いです!


では皆様、本年もValore並びにValore cyanをご愛顧いただけます様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


2019 1.1 valore  才田誠

by valore-saida | 2019-01-01 21:17
<< 新年明けましておめでとうございます。 2018 年 最後の日に >>