人気ブログランキング |

ValoreLog

田舎暮らしの特権

しばらく日照り続きだったここ最近。

乾燥しきってパサパサになった畑の土が先日の強風により舞い、
目も開けられない程だった。

そんな状況の中で、昨日の雨は畑の作物にとっても恵みの雨となったに違いない。

先日、営業時間の合間を縫って、山菜を採りに山へ。
一番のお目当てはなんといってもこの時期の定番「タラの芽」

地元では「タランボ」という言葉で通っているので、
その響きの方がなぜかしっくりくる。

山間を走っているとそれらしい木々の雰囲気が解るので、
車を降り散策。

既に先を越され、採られた枝や、取りこぼしが大きく成りすぎている枝を
見つけては、今年はちょっと遅かったか。。。と感じていた。

そんなことを考えながらもっと深くに分け入ると、
あった、あった!!
大量の手付かずのタランボの木々達が。

まだ新芽の開いていない、採りゴロのサイズ感のものがそこら中に沢山!
あたり一面タランボの群生地になっているではないか。。。

採っても採っても採りきれず、時間と袋が底を付いたので退散と
なってしまったのたが、まだまだ余裕があればかなりの収穫となった。

採り立てのものはアクも少なく、風味も抜群なので様々な料理に合う。
しかし、衣を付けてフリットにするのが、やはり一番の醍醐味だろう。

また、来年までのお楽しみとなってしまったが、ほんの僅かな旬を
まかないでも山ほど味わっている。

それは田舎暮らしの特権とも言える贅沢な光景だ。


d0109042_14134236.jpg


by valore-saida | 2019-05-22 14:09
<< アスパラ最盛期!! ひと周り >>