人気ブログランキング |

ValoreLog

世界料理学会 2019

早くも10月も終盤ということで、朝晩一気に冷え込んできました。

実は少しの間お休みをいただいておりました。

その理由がこれ。

d0109042_23194589.jpg


1年半に1度、気鋭の料理人が函館に一同に集うビッグイベント「料理学会」。
国内外から今をときめく、それはそれは有名なシェフ達が顔を揃えます。

そして、各々の料理哲学に留まらず、お店全体の取り組みや考え方などを
限られた時間の中で熱くプレゼンします。

第8回目となる今回は発足から10年という区切りの年ということで。。。

そんな素晴らしいタイミングで、何故か私みたいな者のところに、
この度登壇のお話がありました。

実は、例年通りこの時期はまだまだ予約のお問い合わせも沢山
頂いていたので、正直とても悩みました。

ですが、「この土地を表現している料理人」ということで、
せっかくご推薦をいただいたものですから、なかなかにある
機会ではありませんので、自分みたいな者にでも何か
伝えれることがあればと思い、今回参加を決めさせていただきました。

30分という限られた時間の中でのプレゼンテーション。

より解り易く多くの聴衆に伝えなくてはならない為、
資料作りもしなくてはならず、この数ヶ月間、動画制作や
パワーポイントを使ったスライド制作と言った普段の仕事とは
全く違う慣れない作業にも今回、初めて取り組ませていただきました。

そして、当日を迎え大御所のシェフの方や、この会の常連のシェフ達が
堂々と自分の発表を終えていく中、ついに私の番がやってきました。

紹介者は、敬愛する札幌のル.ミュゼの石井シェフです。

私の発表する演目は「この地で表現することの自由さ不自由さ」というタイトルに
決めていました。

d0109042_23203952.jpg


都会から離れたこの美瑛という土地で、自分の料理感を表現する上での利点や
逆に苦悩している点などを映像を使いながら、集まった食のプロ達に向け語り続けました。

今回のテーマである「天然きのこ」というキーワードを盛り込みながら、
普段見失いがちなこの土地の良さや地域振興にかける私の想いを、自分の言葉で
聴衆に向け伝えたかったので、私なりの表現、熱量でやりきることが出来たかと思います。

途中、普段味わうことのない緊張感に襲われ頭が真っ白になりかけましたが、
何とか持ち時間を使い発表を終えることができました。

大役を成し遂げ、全てを出し切った私に、沢山の方々が代わる代わる声を掛けてきてくれました。

「素晴らしい所ですね、今度絶対お店に伺います!」「今日聞いた発表の中で一番刺さりました」
「この土地の魅力を伝えたいお気持ちが伝わってきました」 などなど...

本当にこんなに多くの賛辞をいただくことが出来たのは、美瑛という土地が私を育ててくれたからだと
しみじみ思いました。

今回、周りのシェフ達がとても親身に慣れない私を気遣ってくれて色々とサポートをしてくれました。

また、映像制作に快く協力してくれた沢山の生産者の方々。地域の方々。
そして、それをあんな素敵な動画にまとめてくれたデジタルコンテンツの山崎さん。

このプロモーションを作り上げるのにうちのスタッフにも随分と手伝ってもらいました。

皆さんのお力添えがなければ、今回の成功は無かったです。
本当に沢山の方からの応援をいただけて心から感謝いたします。

d0109042_23213020.jpg


そして、3日間のフル参戦を終え先ほど函館から戻ってきたばかりで知らなかったのですが、
昨日の道新にも私の発表のことが載っていたようですね。

小さな力ですが、こういった取り組みが地域振興に繋がっていくことが私は何よりも嬉しく思っております。

最近は本当に嫌なことが多く、虚言を並べ色々と横槍を入れて、影で私の取り組みの足を引っ張り
途絶えさせようとする、姑息で心無い輩達が居たのですが、今回のことですべての鬱憤が晴れました。

これからも今まで通り、この地域を食を通じ盛り上げていけるよう、育ててくれた
この地域に微力ながら貢献していくことが出来ればこんな嬉しいことはありません。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

お節のお問い合わせ沢山いただいており申し訳ありません。
ようやく大仕事が終わりましたので近く詳細をこのブログの方にアップさせていただきます。
もう少しだけお待ち行ください!


by valore-saida | 2019-10-30 23:23
<< 年末恒例の・・・ 悲報 >>