ValoreLog

今日も雪かきです

Valore staffの権守です。

このところ毎日のように天気が安定せず、雪が降ったかと思うと暖かくなり、
溶けてはまた雪が降り… 

気温が緩み温かくなるのかと思うとまた冷え込み、三月に入ってもまだまだ降る雪。
北海道の春はまだ遠い先のようですね。

こうして雪がたくさん降った朝は、いつも決まって除雪をすることから一日がはじまります。

ドカ雪が降った時のみ出動してくれる、6番目のスタッフであるショベルカー先輩の手を今日も借りずに、
自力で頑張ろうと思います・・・はい

いつものようにスコップとママさんダンプを持って除雪開始!

玄関からアプローチ、駐車場へと続く道のりをひたすらはねてゆくのですが、これがなかなか一苦労なのです。

まずは、小回りのきくスコップを使い、玄関の前に積っている雪をかき出しながら少しづつ前へと進んでいきます。

歩けば直ぐの距離が随分遠く感じるくらい、今日の雪の多さを体感させてくれます。
そうしてようやく駐車場に着くと、さっきまで震えあがっていた体が既にポカポカです。

さて、ここからが、本番です・・・はい

メイン部分の駐車場は細かい部分も行き届くようにママさんダンプを使って縦に、横にと何度も
繰り返しキレイになるまでひたすら雪を押し続けます。

d0109042_22523675.jpg


冷え込んだ日は雪が固く締まっていて、いつもより重く感じてしまいます。

そして仕上げは駐車場の入口となる看板の周りの雪をかき、道路との段差をスコップできれいに削りお客様の
車が入ってきやすいようにして完了となります。

ようやく一段落してあたりを見渡すと、まるでご褒美のような雪景色が広がっていて、除雪の疲れも一気に癒されます。
そして休む間もなく仕込みへともどります。

雪の中ご来店下さるお客様へ快適にお店に入ってきていただけるように。
その為の環境を少しでも整えれるように、これからも除雪を頑張っていきたいと思います!
[PR]

# by valore-saida | 2013-03-04 22:52

New牛

valore staff の中島です。

先日、なじみの生産者さんから届いた牛肉はジャージー牛という乳牛種。
独特な風味で濃厚な乳脂肪を含んだその牛乳は、とても定評がありますが食肉用としては珍しいそうです。

幸い朝の仕込みにも少しだけゆとりが出来たので、シェフの仕事を見させてもらいました。

各ブロック毎に切り出した肉の筋や余分な脂身を削り取る作業。
この作業を丁寧にしないと触感が悪くなったり脂身が残ってしまい、料理にする際に邪魔な存在となってしまいます。

しかしそれらは、焼いた時の肉の美味しい部分になるところでもあり、削りすぎても旨味を損ねてしまうことに繋がるので、
きちんとした知識が必要になります。そして肉の鮮度を保つためスピーディーに行われなくてはいけないので、経験も大事です。

僕も少しでもシェフの仕事を、目に焼き付けて自分の物にできるように、と思い食い入るように見ていました。

d0109042_9224071.jpg


そして、肝心の味なのですが。。。

掃除したばかりのお肉をまかないで少し食べさせてもらうことが出来ました!

月齢が若い牛ということで肉質も軟らかですが、独特の食感の中にも噛むほどに旨味がジワリと出てきます。
風味良く脂もクセがなくサラッとしています。

正直、乳牛種の肉は硬くクセのあるイメージがあったのですが、一口食べて見るとその先入観とは全然違いビックリしました。

良い意味で牛肉らしくなくてとても美味しいです!!

お客様にも、是非食べて頂きたいと思いました。
[PR]

# by valore-saida | 2013-03-02 09:24

6番目?ついに登場!

Mrs Saidaです

今日は一日荒れた天候でした。どうやら週末も吹雪くようですね。
ご来店される方々、どうぞお気をつけてお越しください。

そうそう6番目のスタッフでしたね・・・。

誰ですか?との声・・・

人?

動物?

物?

・・・。

今年はそんなに‘‘彼“ は活躍しなかったのか?これからか?

でも、人手不足の時は本当に助かるのです。

ドカ雪が降った時にはやはり彼でしょ!!

d0109042_1716249.jpg


6番目のスタッフ~ショベルカー♂~彼が居れば百人力!!


彼に異変が起きると、ゾ~っとする・・・
定休日の早朝それは始まった・・・

先日冷え込んだ時の朝、かかりの悪いエンジンを回すこと数十回。
ついに彼のバッテリーはあがってしまった。。。

と、同時に私達のテンションはかなり下がった。

父に連絡して電話での教示。

とりあえず座席の椅子を持ち上げ、バッテリーを外せとのこと;

父の「ショートしないように気を付けてな(笑)」が頭の中を駆け巡りながら何とか外し
いつもお世話になっている、スタンドへバッテリーを持っていき一日充電。

無事復活!と相成りました。

田舎に居ると出来る限りの事は自分達でやらなければならない。

しかし、父の世代ではそれは当たり前のこと・・・。
尊敬する・・・。
そんな父はスタッフを通り越し、今や会長か?
[PR]

# by valore-saida | 2013-02-28 17:23

ガス台の掃除

valore staff の中島です。

最近は、大雪が降ったり、気温が急激に下がったりと、天気が安定せず朝の仕込みの最中に除雪
をする事がすっかり日課となっています。

そんな中………
今日はガス台の大掃除をしました。

いつもこのガス台には、とてもお世話になっているんです。
営業の仕込みはもちろん、まかないの時にも使わせてもらっていてvalore の縁の下の力持ち的存在です。

このガス台が頑張ってくれているお陰で、お客様に喜んでいただける料理を安心して作ることが出来ます。

もちろん営業終了後に毎日磨いているのですが、飲食店では肉や魚の油が取りきれず、どうしても蓄積していき固まってしまうものです。
その汚れを定期的に徹底的に大掃除するのです。

細い鉄の針金で丁寧に汚れを削りたわしでひたすら磨き、水ですすぐを繰り返し仕上げに大火力であぶり一気に汚れを落とします。

その作業を終えると、バーナーがピカピカになり火力も増して以前の輝きが甦ります。

綺麗になったガス台を見て、僕もとても清々しい気持ちになりました。

d0109042_2217994.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2013-02-25 22:19

olio

valore staff の中島です。

今日はお店でいつも使われているオイルについて書きたいと思います。
ここで働き始めて、まず驚いたのが見たことのない様々な種類のオイルがたくさんあることでした。

僕は専門学校を卒業して初めて、オイルが料理を作る上で重要な存在だと言うことを知りました。

valore では、料理によって様々なオイルを使い分けていて、皆さんも良く知っているオリーブオイル
だけでも用途によって数種類。料理の仕上げや、パスタの香り付け、肉や魚をマリネしたり、素材を
焼くためのものだったりと、ありとあらゆる場面で活用しています。

その中でもパンと相性がとても良い、シチリアのオイルは特にシェフのお気に入りで、
爽やかでフルーティな香りがパンにとても合うと思います。

その他様々な香りのオイルや、オリジナルの自家製ハーブオイルなど合わせると実に多彩な種類になります。

たくさんの野菜を使った前菜には、自家製のハーブオイル。
数種類のハーブを使い抽出した、このオイルはハーブのフレーバーが野菜にマッチしていて、
ストレートな野菜の美味しさを楽しみたい方にはおすすめです!

このように一見知っている食材でも、まだまだ使い勝手の知らない事ばかりなので、
素材の奥行きをもっとしっかり勉強して、知識を深めていきたいと思っています。

d0109042_16262560.jpg

[PR]

# by valore-saida | 2013-02-24 22:03